髭の濃い悩みをどうやって解決していったらよいのかをご紹介します!

髭が濃いお悩み解決.com

ゼロファクター

ゼロファクターローション全成分を徹底解剖!副作用、肌荒れは?

投稿日:

ゼロファクターローションの全配合成分

まずは、ゼロファクター5αSPローションの全配合成分をご紹介しますね。

水/エタノール/グリセリン/ジグリセリン/BG/カルボマー/PEG-60水添ヒマシ油/フェノキシエタノール/メチルパラベン/水酸化K/メントール/グリチルリチン酸2K/黒砂糖エキス/スペアミント油/カンゾウ根エキス/マンニトール/パパイン/ザクロ果実エキス/加水分解酵母エキス/グリシルヒザインフラタ根エキス/オウゴン根エキス/ジオウ根エキス/ブロメライン/プエラリアミリフィカ根エキス/サンショウ果皮エキス/アロエフェロックス葉エキス/ヒオウギエキス/ホップエキス/ヨクイニンエキス/シソ葉エキス/ベルゲニアリグラタ根エキス/オイスターエキス/キウイエキス/ローズマリー葉エキス/ダイズ種子エキス/チョウジエキス/レモン果実エキス/オランダガラシエキス/ゴボウ根エキス/セージ葉エキス/サボンソウ葉エキス/セイヨウキズタ葉・茎エキス

 

ゼロファクターローションで肌が荒れることがある?

ゼロファクターローションに興味がある人は、肌が荒れることを心配している人も少なくありません。

顔は人目につく部分なので、「肌が荒れるよりはヒゲがあるほうがいいかも」と思いますよね。

ということで今回は、ゼロファクターローションの成分をチェックして、肌荒れに影響があるか見ていきましょう。

実は、ゼロファクターローションを使って肌が荒れた人はほとんどいません。

「肌荒れをしてしまった人は、肌が敏感な人なのでは?」と思いがちですが、実は肌が弱い人ではないのです。

アルコールなどの成分にアレルギーがある人が、エタノールやフェノキシエタノールに反応して肌荒れを生じたようです。なので、ゼロファクターローションを使って肌に刺激を感じたら、すぐに使用を止めてくださいね。

 

ゼロファクターローションの成分について

髭が濃くなる原因にダイレクトに働きかける

髭が濃くなる成分は、「男性型分泌物」と「5α-DHT」です。ゼロファクター5αSPローションには、5α-DHTが生じるのを抑制する効果があります。

5α-DHTは、人間の体内の活性酵素の1つで、毛穴の奥にある5αリダクターゼという酵素が活性したものです。なので、5αリダクターゼが生じることを抑制したら、濃い髭が生えにくくなるということなのです。

 

 

11種類の抑毛成分が髭を濃くする物質をブロック

ゼロファクター5αSPローションに配合された11種類の成分は、髭を濃くする5αリダクターゼの働きをブロックします。

これらの11種類の全成分は天然由来なので、肌への副作用はないと言えるでしょう。

 

 

 

 

ナノサイズの有効成分が毛穴の奥まで浸透

ゼロファクター5αSPローションに配合されている有効成分は、毛穴の奥まで浸透するようにナノサイズに作られています。

肌の角質細胞をバスケットボールのサイズとすると、ナノサイズの有効成分は角砂糖くらいのサイズになります。

なので、肌の最も深い角質層までスムーズに届き、各毛穴に効果を発揮します。

 

ゼロファクターローションに副作用はある?

肌が敏感な人やアレルギーがある人は、肌に合わないものを付けたら痒みやかぶれが出る可能性があります。

このような人は、ゼロファクターローションの副作用が不安かもしれませんね。

ゼロファクターローションは、肌に毎日使うものなので、ここではゼロファクターローションの副作用について見ていきましょう。

成分の安全性もチェックしていきいますね。

ゼロファクターローションを使用したたくさんの人が、リピート購入しています。

副作用についてチェックしてみると、「ゼロファクターローションが肌に合わなかった」という人はほとんどいませんでした。

ただ、肌に合わなかった人がいないというわけではないため、赤みやかゆみが生じたら、すぐに使用を止めてくださいね。

また、髭を剃る時に顔に傷がついた場合は、成分がしみたり炎症が悪化したりすることがあるため、ゼロファクターローションを使用しないほうが良いでしょう。

 

ゼロファクターローションはどのような成分を配合?

ゼロファクターローションは安全な成分を配合していて、ほとんどの成分が天然由来なので肌にマイルドです。

炎症を抑制する成分も配合されているため、カミソリ負けをしやすい人も安心して使用できます。

ただ、フェノキシエタノール(アルコール)や大豆エキスも配合されているため、アルコールや大豆アレルギーがある人は注意が必要になります。

フェノキシエタノールは防腐剤として配合されていますが、安全性が確証された成分なので安心してくださいね。

中には、メンソールのスースーする感じが気になる人もいるかもしれません。

ゼロファクターローションの副作用がどうしても不安な人は、使用する前に二の腕の内側などでパッチテストをすることをおすすめします。そうすれば、肌に合うかどうかが前もってわかるでしょう。

 

ゼロファクターローションの副作用と安全性のまとめ

ゼロファクターローションで肌が荒れた人はほとんどいません。

ただ、ほとんどの人に副作用がなくても肌の状態が良くなかったり、天然由来成分にアレルギーがあったりすると、肌が荒れてしまう可能性があります。

また、一般的に使用される化粧品の成分でも刺激を感じる人は、ゼロファクターローションの使用中に異変を感じたらすぐに使用を止めてくださいね。

無理やり使い続けていたら、症状が悪化することがあります。

ゼロファクターは安全性の高い成分を配合しているため、副作用が出た人はほとんどいないいので、安心して使用できるでしょう。

ただ、防腐剤として配合されているフェノキシエタノールはアルコールです。そのため、アルコールにアレルギーがある場合は、副作用が生じるかもしれません。

また、抑毛効果のある大豆エキスも配合されているので、大豆にアレルギーがある人も気をつけてくださいね。どうしても個人差があるので、肌にとても優しい商品でも注意は必要です。

ゼロファクターローションの使用が不安な人は、顔に使用する前に、二の腕の内側でパッチテストをしてくださいね。そうすれば、前もって副作用のチェックができるので、安心して使うことができるでしょう。

 




-ゼロファクター
-

Copyright© 髭が濃いお悩み解決.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.